当院が大切にしていること

すべては「まかせられる歯科医院」であり続けるために

ごあいさつ

私は日々診療を行うにあたり常に、当院の理念の基、
“すべての治療は予防につなげるために”ということを考えております。

歯の定期健診、クリーニングはもちろんのこと例えば、矯正歯科治療では歯並びが良くなることで磨きやすくなり虫歯や歯周病の予防につながり、インプラント治療では残っている歯に負担をかけるような入れ歯やブリッジを行わずに済むことで残っている歯に対して予防につながります。

また、審美歯科治療においても金属を使わないことで全身の健康への

予防につながります。

お口の中が快適で健康であることは日々のお食事が楽しいものとなり、

健康な体で笑顔豊かな生活を送っていただけると思っております。

みなさまのお口の健康づくりを“予防”という視点で最善のプロセスを
共に考え、共に理解していくことでより良い結果を作ってまいります。

 


芦屋川 聖栄歯科医院・矯正歯科
院長 山東 栄佳

当院の理念

"オーラル・エコロジー"を大切に考え、
人に優しく、地球に優しいエコな歯医者さんを目指します。

いま、地球環境がそうであるように「資源を使い果たしてから考える」では、
問題が大きくなって取り返しのつかないことが多くあるように思います。
”困ってからのエコ”問題が起きてからの後手ではいけません。
環境に優しい行動がそのまま自分や家族への優しさにつながる、
そんな「正の循環」が必要ではないでしょうか?

お口の環境、歯医者さんへのかかり方も同じ様なことが言えるように思います。
今までは「悪くなってから行動する」で、問題が大きくなって取り返しのつかないことが多くありました。
”困ってからの歯医者”では、痛いおもいをしたり、治療が複雑になり治療期間がかかったり、と「負の循環」で歯医者に対してネガティブになってしまいます。

私はそんな「負の循環」を「正の循環」へ変えていくため
“お口の環境保護”すなわち“オーラル・エコロジー”という考え方を大切にして、
歯の治療を通してお口の中を可能な限り自然体に戻し、維持していけることが全身の健康へつながり、
人に優しく、地球に優しいものになるとを信じております。

ごあいさつ

私は日々診療を行うにあたり常に、当院の理念の基、
“すべての治療は予防につなげるために”ということを考えております。

歯の定期健診、クリーニングはもちろんのこと例えば、矯正歯科治療では歯並びが
良くなることで磨きやすくなり虫歯や歯周病の予防につながり、

インプラント治療では残っている歯に負担をかけるような入れ歯やブリッジを行わずに済むことで
残っている歯に対して予防につながります。

また、審美歯科治療においても金属を使わないことで全身の健康への予防につながります。

お口の中が快適で健康であることは日々のお食事が楽しいものとなり、
健康な体で笑顔豊かな生活を送っていただけると思っております。

みなさまのお口の健康づくりを“予防”という視点で
最善のプロセスを共に考え、共に理解していくことでより良い結果を作ってまいります。

芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科
院長 山東 栄佳

院長経歴

院長 山東 栄佳

1997年 3月 昭和大学 歯学部 卒業
1997年 4月 大阪大学 歯学部 歯科矯正学講座 入局
2002年 4月 長谷川歯科医院(西宮市)勤務
2003年 11月 日本矯正歯科学会 認定医取得
2004年 4月 聖栄歯科医院・矯正歯科(神戸市)勤務
2007年 11月 ICOI(国際インプラント学会)認定医
2008年 10月 DGZI(ドイツインプラント学会)認定医取得
2011年 1月 芦屋川 聖栄歯科医院・矯正歯科 開院

所属学会

  • 日本矯正歯科学会
  • 近畿東海矯正歯科学会
  • 日本成人矯正歯科学会
  • 日本審美歯科学会
  • 顎咬合学会
  • ICOI(国際インプラント学会)
  • DGZI(ドイツインプラント学会)

概要・沿革

医院概要

名称 聖栄歯科医院・矯正歯科
所在地 神戸市中央区下山手通4-10-21 広栄ビル3階
創業 昭和54年3月30日
代表者 山東 次忠
名称 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科
所在地 芦屋市松ノ内町4-5 アーベイン芦屋川G101
創業 平成23年1月11日
代表者 山東 栄佳

沿革

昭和54年 3月30日 聖栄歯科医院を設立
神戸市元町駅前にて開業
昭和62年11月27日 神戸市中央区下山手通りへ移転
平成14年11月30日 聖栄歯科医院・矯正歯科へ名称を変更
平成23年 1月11日 芦屋川 聖栄歯科医院・矯正歯科を設立
小児歯科をはじめ、総合歯科診療拡充のため、分院を開設
平成25年 6月 4日 託児ルーム キッズフォレスト エミリアを開設
歯科医院のサービス向上と患者様のニーズにお応えし、
歯科医院3階にて託児サービスを始める。

診療方針

5つのSをたいせつに・・・

センスを大切にした空間でセンスの良い治療を

歯科治療も大切なのはセンスです。
1口腔単位で計画することでセンスの良い歯、口元が提供できるよう努めます。

シンプルな治療(方針)を

お口をお手入れがしやすいシンプルな環境に。
治療をできる限りシンプルな計画に。
そんなSimple is Bestを目指します。

安全性の高い最新の設備で確かな治療を

人間工学に基づいたチェアー、低線量な3Dレントゲン(CT)、最先端な滅菌システムなど、
人に優しいをテーマに安全、安心をお約束します。

長期に渡り安定したお口の健康を

ひきしまった歯ぐき、バランスのとれた噛み合わせ、日々のお手入れから定期的なケアまで
正しいお口のメンテナンスを。
すべてはずっと健康であるために。

健康的で魅力ある豊かな笑顔

笑顔、それは人にしかないコミュニケーション。
そこには想像できないほどの可能性を秘めています。
そんな可能性を引き出すお手伝いをしていきます。

心と身体に優しい歯科医院

好きではないから行きたくない、虫歯や歯周病になる、治療の痛みが増し、時間がかかる…という負のスパイラルから抜け出すための「心と身体に優しい歯科医院」でありたいと考えます。

「私たちが患者様のことを知り、患者様に私たちと医院の考え方を知って頂けるコミュニケーションを大切にし」「痛みの少ない治療を進めながら予防につながる診療を心掛ける」ことをお約束します。

一般歯科から矯正歯科、インプラントまで幅広く対応

院長はもともと矯正歯科を専門にしておりましたが、口腔全体を診る力の重要性を思い、以来各分野において研究・実践を積み重ねて参りました。
咬み合わせ、虫歯、歯周病のケアから、矯正、審美、インプラントまで、一人のドクターにより患者様のお口の中にトータルに対応することで、治療を効率よく進め、総合的にバランスのとれた口内環境を提供することができます。

初診の方へ。信頼関係構築のための「コンサルテーション」の時間

初対面で信頼関係も築けていないのに、すべてをまかせていただけるわけがありません。
コンサルテーションの時間を十分に確保し、まずは患者様の主訴は普段気になっていること、不安なこと、ご要望などを聞かせて頂きます。その後当院の考え取り組みを知って頂き、治療について納得理解して頂くことを大切に考えています。

国内・海外の学会や講習会への積極的参加

現在、数えきれないほどの治療法、器材、材質が世界中に溢れています。私たちは積極的に新しいものを見に、体験するために国内・海外にまで足を運びますが、もちろんすべてを医院で導入するわけではありません。また、流行しているからという理由だけで導入することもありません。その効果と安全性、自身の技術の習得を確信した上で初めて導入を検討します。
患者様のお口の中に入るものですから、自分の口に入れたいと思うものだけを選びます。「確信の上の選択肢」を見つけるための学会、講習会と考えます。

医院単位での知識の習得、技術の向上、チームワークの強化

少なくとも月に一度は、emiliaのスタッフを含めた医院全体で勉強会を兼ねたミーティングを開いています。医院としての具体的な目標を設定・共有し、全員がそれに向かって突き進むために欠かせない時間です。
また、スタッフにも年に3回以上、学会・講習会に参加してもらっています。参加したスタッフは院内でプレゼンテーションを行い、自身の立場での目線で得た知識と技術を全スタッフ間で共有します。そのとき参加できなかったスタッフの勉強にもなっています。

インフェクションコントロール

医療機関における感染予防は、当たり前のことだからこそ、徹底しなければなりません。タービンを含め、診療で使用するすべての器具は滅菌器にかけて滅菌パックで保管し、清潔なものを使用します。また、できる限りディスポーザブル製品を使って衛生管理を行います。

院長インタビュー

歯科医師を志したきっかけ

高校時代から「将来は歯科医師か建築家」と決めていました。結局は今の道に進んだわけですが、患者様の笑顔や喜びの声を直接頂ける、一生涯のお付き合いができるこの仕事に、大きなやりがいを感じています。
建築家への憧れというものは今でもありますよ。自宅や医院、emilia の内装デザインにいろいろこだわりました。基礎がしっかりしていればこそデザインも生きる、という点は歯科に通じるものがありますね。

スタッフ間の信頼関係について

衛生士、助手、受付、そして歯科医である私。各々がそれぞれの立場で、プロフェッショナルである自覚を持ち、実践することを大切にしていますね。患者様のために医院にいるという点ではすべてのスタッフが同じ立場です。私を含め、スタッフ間では、常にお互いを尊重し合いながら意見を交換するよう心掛けています。
ただし、プロフェッショナルといえない精神、行動が見られた場合には、厳しく指導します。

患者様に言われて嬉しかったこと

「来てよかった」「ほかにないよさがあった」「ここまで対応してもらったのは初めて」といったお声をいただいたときでしょうか。
当院の治療をきっかけに患者様の意識に変化が見られるのも、この仕事を選んでよかったと思う瞬間ですね。

休日の過ごし方について

バウアーとクロエという犬を飼っていて、彼らと出かけていることが多いでしょうか。どちらもイングリッシュ・コッカー・スパニエルという毛の長い種類なのですが、泳ぐのが大好きで、年に一度は沖縄に行って一緒に海水浴をしています。
あと、何日かお休みをいただいたときにはすぐにハワイに飛びます。バウアーとクロエは検疫の手続きに時間がかかるのでまだ連れていけていませんが…。
スタッフにも、休日はしっかり楽しんでもらうようにしています。楽しんで、リフレッシュしてこそいい仕事ができると思っています。

ハワイについて

ハワイが大好きで、毎年行っていますね。海や夕陽の写真を撮るのも好きです。撮ったものは診療室のモニターでも見られるようにしていますので、少しでも楽しんでいただければと思います。
ハワイ在住の画家、ヘザー・ブラウンさんの絵に魅了されて、院内にいくつも作品を飾ってあります。付け加えておきたいのが、彼女が現在のように有名になる前から私は彼女の絵が好きだった、ということです(笑)。本当に、一目で惹き込まれたのです。
いつかはハワイに移住しようかと企んでいます。もしかすると、前世はハワイ生まれだったのかもしれませんね。

スタッフ紹介