矯正歯科

すべては「自信あふれる笑顔」のために

身体にやさしく、スピードある治療への取り組み

矯正治療と聞けば、「痛みがありそう」「歯を抜くのがいやだ」「時間がかかりそう」といったご不安がある方もいらっしゃるかと思います。それらのご不安を取り除くため、じっくりと話し合い、患者様と一緒に治療方針を検討して参ります。

適切なタイミング、適切な方法を選択できれば、身体に優しい、スピードある治療が実現できます。

また当院では出来る限り治療期間が短縮できるよう努めております。

治療期間短縮のプロセス

オールラウンドな治療の提供

当院では、一般歯科から矯正歯科まで総合的に治療を行っております。科ごとに分断されることなく、効率的に治療を計画・進行することで、治療期間の短縮にもつながります。たとえば、矯正治療中の虫歯・歯周病治療、抜歯などが当院でそのまま行える――これも大きな強みです。

医院内技工のメリット

当院の神戸オフィスには院内技工部があります。常に連携しながら治療を進めますので、技工物の納品を早めたり、急な依頼にも対応することができますので、治療期間の短縮にもつながります。

最新の医療技術の追求

ドクター、スタッフ共に、最新の医療知識・技術を治療に役立てるため、国内外問わず積極的に学会・研修会に参加し、医院全体で情報を共有しております。治療期間短縮のため、常に技術の向上に努めております。

オールラウンドな治療の提供

当院では、一般歯科から矯正歯科まで総合的に治療を行っております。科ごとに分断されることなく、効率的に治療を計画・進行することで、治療期間の短縮にもつながります。たとえば、矯正治療中の虫歯・歯周病治療、抜歯などの一般的な歯科治療も当院でそのまま行える・・・これも大きな強みです。

 
医院内技工のメリット

当院の神戸オフィスには院内技工部があります。常に連携しながら治療を進めますので、技工物の納品を早めたり、急な依頼にも対応することができますので、治療期間の短縮にもつながります。

 
最新の医療技術の追求

ドクター、スタッフ共に、最新の医療知識・技術を治療に役立てるため、国内外問わず積極的に学会・研修会に参加し、医院全体で情報を共有しております。治療期間短縮のため、常に技術の向上に努めております。

矯正歯科とは

歯や顎にとどまらず、それらを含むお顔の不正な成長発育、加齢変化による不正咬合や顎の異常を改善し、正しく機能させることで、お顔のバランス、歯並びを審美的なものへと導きます。
また、矯正歯科には「予防するため」「回復するため」と大きく分けて2つの目的があり、患者様のお口の状態・治療時期によって治療内容も異なります。

1予防矯正

幼児期~成長発育期における不正咬合の発生の予測、不正咬合を誘導する要因の発見に取り組み、それらのリスクを抑制・改善することで、予防することを目的とし、正しく機能させることにつなげていきます。

乳歯のお子様や乳歯から永久歯に生えかわるお子様が対象となります。(乳歯列期、混合歯列期)

2本格矯正

起こってしまった不正咬合に対して、正しい機能と審美性を回復させることを目的とします。

永久歯の生えそろったお子様から成人の方までが対象となります。(永久歯列期)

子どもの矯正治療(予防矯正)

子どもの矯正治療では、予防矯正を中心とし、お子様の成長を利用した無理のない矯正治療を行います。
永久歯列が完成したあとに行う本格矯正の治療期間が短く済んだり、場合によっては不要となることもあります。また歯を抜くリスクが低くなります。この時期はお子様の成長期にあたりますので、主に骨格のバランスを整えたり、歯の交換をスムーズに行わせたりすることを目的とした治療となります。

受診のタイミングについて

通常6~12歳頃までが子どもの矯正の時期です。早期の矯正治療開始でお子様の負担も軽減されますが、開始のタイミングはお子様の成長によって異なります。少しでも不安を感じられたら、早めにご相談ください。適切な時期をご提案します。

床矯正

正常な歯の生え変わりが行われる為には歯と顎の大きさが調和している事が必要となります。

そのため、顎を適正に拡大し、歯が正しく生えるスペースを確保することを目的とします。

取り外しが可能な装置ですので、お食事やブラッシング時には外していただくことができるため、何でも美味しく食べることができる、しっかりと歯磨きができる、その結果虫歯のリスクを下げることがメリットとなります。

取り外しが可能な装置であることがデメリットとなることがあり、装着することを怠ると顎が拡大されなくなります。

 

ムーシールド

乳歯列期に受け口を改善するための装置です。比較的、低年齢時(3歳)から使用することができることで正常な顎骨の成長発育及び正しい歯の生え変わりが行われるよう改善予防します。舌や口腔周囲筋の問題点を改善し、バランスを整えることを目的とします。
透明で目立たず、装着時の痛みはほとんどありません。基本的には就寝時に装着する装置となります。
確実に使用することで半年以内に7割~8割のお子様の受け口が改善しています。

プレオルソ

シリコン由来の素材を使った、柔らかいマウスピース型の矯正装置です。叢生、出っ歯、受け口、開口などのさまざまなケースに対応でき、本格的な矯正治療を行う前の前準備やその他の矯正装置と併用する事もあり、舌や口腔周囲筋のバランスを改善、整えることを目的とします。
装着時の違和感が少なく、お子様でも快適に使用できます。

大人の矯正治療(本格矯正)

歯並びが気になってコンプレックスとなり、おもいっきり笑うことが出来ない方も多いのではないでしょうか。

そんなコンプレックスを解消する方法の一つとして矯正治療があります。

今や矯正治療は年齢を問わず何歳になっても行える治療です。

当院では大人になってから矯正治療を始められる方も多く、20代~ご高齢の方まで幅広い年齢層の方が治療を受けておられます。

改善後の歯並びを一生涯維持することを想定して治療を行います。
また、審美歯科、インプラント治療の前処置として行うこともあります。

ただし、歯ぐきの状態が健康であることが望ましくなります。

あなたにとって最適な矯正治療を提案いたします。

※クリックすると各項目に移動します。

マルチブラケット矯正

ブラケットとワイヤーを使う矯正装置

セルフライゲーション

ローフォース、ローフリクションという考え方から、ワイヤーとブラケットの摩擦が軽減され、歯が引っ張られる際に生じる痛みが抑えられます。従来よりも弱い力で歯を移動することができるため、治療期間を短縮して歯並びを改善できます。また、毎回の調整にかかる時間も短縮でき、診療時間が短くて済みます。

 
金属ブラケット

従来の昔からあるものと構造上はまったく変化しておらず、金属のワイヤーとブラケットの力で歯を移動させる最もオーソドックスな装置です。薄くて金属の特性上丈夫で、比較的低コストで治療できることがメリットです。

 
審美ブラケット

構造上は金属ブラケットと変わりはありませんが、白や透明のプラスチック製やセラミック製のブラケットを使用することで装置が目立たなくなります。

セルフライゲーション

ワイヤーとブラケットの摩擦を軽減し、歯が引っ張られる痛みを抑えます。歯は緩やかな力の方が早く移動することが明らかになっています。
痛みが少ない上、短期間で歯並びを改善できる装置です。

 

ローフォース、ローフリクションという考え方から、歯に加わる力を最小限に抑え、治療期間の短縮、痛みの軽減へとつなげます。また、毎回の診療時間も短くて済みます。

金属ブラケット

金属のワイヤーとブラケットの力で歯を移動させます。

審美ブラケット

白や透明のブラケットを使用することで、装置が目立たなくなります。

マウスピース矯正

患者様専用のマウスピースをお作りし、交換しながら、ほとんど痛みなく歯を移動させます。

ワイヤーレスでご自身での着脱が可能であるため、歯磨きや食事は装置を外して普段通り行えます。

インビザライン

CAD/CAM技術により治療中の歯の移動、歯列矯正終了後の歯並びをコンピューター上で計画し、必要なマウスピースを制作する。

 

  • 透明で目立たない
  • 型取りは基本的に初回の一度のみ。通院頻度も少なくて済む
  • 奥歯までの矯正に適している
アソアライナー

その都度状況に合わせたマウスピースを毎回設計できるため、部分矯正やマウスピースの数をあまり必要としない小規模な歯列矯正に適しています。

 

  • 透明で目立たない
  • マウスピースを交換するたびに型取りが必要
  • 前歯の矯正に適している
インビザライン
  • 透明で目立たない
  • 型取りは基本的に初回の一度のみ。通院頻度も少なくて済む
  • 奥歯までの矯正に適している
アソアライナー
  • 透明で目立たない
  • マウスピースを交換するたびに型取りが必要
  • 前歯の矯正に適している

リンガル矯正

矯正といえば、どうしても装置が目立ってしまうことを気にされる方が多いと思いますが、そこで開発されたのがリンガル矯正です。歯の裏側にブラケットやワイヤーを装着することで表側からは装置が見えないことが最大のメリットです。ただし、発音の問題や舌の感覚に違和感を感じることがあります。

インプラント矯正

矯正専用のインプラントで歯を引っ張ります。安定した支点は治療期間の短縮を可能にします。

 

矯正用インプラントを顎の骨に固定することで、継続的に、効率的に力を加え、治療期間の短縮を可能にします。また、外科手術や抜歯が必要なケースにおいて、それらの処置が不要になることもあります。

確実な歯の移動が行え、今まで困難だった方向への移動が可能となり、より良い治療結果が得られやすくなります。

PAOO(ウィルコドンティックス法)

歯周急速造骨矯正法
Periodontally Accelerated Osteogenic Orthodontics


コルチコトミー(皮質骨骨切開術)すなわち、歯を支える歯槽骨の表面にある骨に少し切れ目を入れ、局所の骨代謝速度を速めて歯の移動を速やかにし骨の再生を促す次世代の矯正治療法です。
ウィルコドンティックス(Wilckodontics)とも呼ばれアメリカの矯正専門医であるDr. William Wilckoと 歯周専門医Dr. Thomas Wilckoらの兄弟によって日本に紹介されました。

治療費について

  • 〇〇〇〇 1本 000,000円~(税抜)
カウンセリング無料
  • カウンセリングは無料です。まずはご相談下さい。
自費診療の各種お支払方法について

① 現金

当院との契約による分割(現金のみ)につきましては、患者さまご自身にてお支払回数、金額を設定頂く事が可能です。(設定期間内)
原則6回までの分割となります。

② 銀行振り込み

当院指定の銀行口座へお振込み頂く形です。

③ クレジットカード

JCB、American Express、Diners、VISA、Masterなど各種クレジットカードでのお支払いが可能です。
※リボ払いも対応しております。

クレジットカード

④ デンタルローン

デンタルローンによる分割払いも可能です。

スルガ銀行のデンタルローン

料金は目安です
  • 再治療の場合は、装置料と処置料のみ必要となります。

保障対象は当院の指示に従い、定期検診及び予防プログラム(メンテナンス)でご来院頂いている患者様に限ります。
また、保険診療に関する治療費はご負担をお願いします。
患者様ごと、ケースにより、保障の詳細は異なります。詳細は治療完了後スタッフまでお気軽におたずねください。