小児歯科

すべては 「お子様の健やかな成長」 のために

心身の健やかな成長への取り組み

「歯医者は怖い、痛い」という幼少期のトラウマは、将来的に「虫歯・歯周病を放置する大人」をつくってしまいます。
当院では、まず、保護者様にしっかりと治療の必要性、方向性をご理解・ご納得をしていただき、その上でお子様と少しずつ信頼関係を築きながら治療を進めていきます。成長過程にあるお子様にとって、歯・顎・口内全体の正常な発育は、心身の健やかな成長へとつながります。
当院では、小児担当の歯科医師が、お子様の発育に合わせた適切な処置とトラブル予防のために、痛みの少ない、優しい治療・アドバイスを行います。

3つの「歯にいい習慣」を身に付ける

1生活習慣指導

お子様の歯とお口の健康は日々の生活習慣によって大きく変わります。

また、お子様の年齢によってもお口の中の状況、生活環境が異なってきます。

それぞれの成長段階に応じた好ましい生活リズム、規則正しい食生活などが大きく関わってきます。

小児歯科ではそのような生活習慣の中に潜むリスクを探り、改善指導を行います。


※当院では予防歯科の観点から考案された商品が数多く開発されており、全米で高く評価されているシュガーフリーの「ドクタージョンズキャンディー」を取り扱っております。

 

2歯磨き指導

お子様のお口の中は成長段階に応じてどんどん変化していきます。

そのため、その時によって歯磨きの方法やポイントが異なります。

正しい歯磨きを楽しく学び、好きになってもらうための磨き方を、お子様、そして保護者様にも指導いたします。

3フッ化物指導とシーラント

フッ化物の応用については色々な情報が錯綜しているのが現状です。

そのため、保護者様の中には誤って理解されていることもあり、正しい認識をもって頂くことが重要です。

定期的にフッ化物塗布を行うことで、歯質が強化します。

また、奥歯の溝にシーラントというフッ化物配合のセメントを埋めることで、物理的に虫歯を予防します。

 

正しいフッ化物の認識のために・・・。

 

「親子で一緒に取り組む予防」をサポート

虫歯・歯周病の原因のひとつに、両親からの感染があります。口移しや食器の共用だけでなく、熱い食べ物を冷ますためにふうふうと息を吹きかけるのも危険だといわれています。
細菌をゼロにするのは現実問題として不可能なことです。どれだけゼロに近づけるかが大切です。お子様と一緒に保護者様も、日頃から意識をもってお口の健康維持に取り組みましょう。