SEIEIブログ

2020.02.15更新

皆さま、こんにちはnico

歯科衛生士の増田です

この時期になると例年ならインフルエンザや胃腸風邪などの病気が気になりますが

今年はさらに新型のコロナウイルスというまだ謎の多い病気の流行のため

皆様にも診察前に手指消毒とうがいをお願いしております。ご協力よろしくお願い致します。

 1

2

 そこで今回はお口にまつわるカゼ予防について少しお話しますね。

お口にまつわるカゼ予防その1 歯磨きをする。

口腔を不潔にしているとインフルエンザなどの感染症にも感染しやすくなります。

寝ている間は唾液の分泌が少なくなり細菌が増殖しやすい環境になるので

口腔内を綺麗にし、細菌をできるだけ減らして眠りにつくことが大切です。

デンタルフロスや歯間ブラシを併用することをお勧めします。

なので眠る前にはしっかり念入りに磨きましょう

 

お口にまつわるカゼ予防その2 唾液を増やす。

唾液にはリゾチームやラクトフェリンといった天然の抗菌成分が含まれており

細菌の繁殖を防ぐ働きがあります。

その唾液を増やす簡単な方法に食事の時によく噛むという方法がありますので

しっかり噛んで唾液を出すことをお勧めします。

 歯が抜けたままになっていたり、虫歯や歯周病により痛みや噛み合わせに不調があると、

咀嚼が行いにくく噛む回数も減ってしまいます。


唾液の分泌量を維持するためにも、口の中の健康を維持することが大切です。 

お口の中を綺麗にして、よく噛んで、感染症対策をしましょうgya

 

当医院はご予約制となっております。

ご予約の際は 0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科

2020.02.14更新

皆様こんにちは!!

マスク必須・手指消毒必須(われわれ医療機関でも入手困難ですが・・・)のこの時期ですが体調崩されてないでしょうか?

前回のblog内容でもありました、インフルエンザ・流行り風邪(胃腸炎)・花粉症・原因不明のウィルス・・・

できる限りの自分での予防も必要で、日頃からの免疫力アップにつながる健康維持法を考え実践していかなくてはなりませんnico

身近な予防で、マスク・手指消毒がありますが、自分の体の一部からの予防に繋がる大切な所があります。

それは、唾液です。唾液は地味だけど欠かせない存在!!

唾液が足りない人は病気になりやすいです。

唾液がどのような働きをしているのか?さほど重要な役割を果していないように感じるかもしれませんが、唾液は血液成分から

つくられているので「透明な血液」と呼んでもいいでしょう。

唾液は人間の健康に欠かせない存在なのです。

唾液には自然に流れている「安静時唾液」と食事をした時に出る「刺激時唾液」の2種類があります。

刺激時唾液は、食べ物を噛んだ時に柔らかくしながら飲み込みやすくしていきます。もし、唾液が出なかったら、パンや硬いお肉

を飲み込むことはできません。

また、唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれていて、食べ物を分解して消化をしやすくしています。

唾液には、ほかにも重要な役割があります。

 

唾液には強力な抗菌作用があり、歯周病菌や虫歯菌の増殖を防いでいるのです。

虫歯になりやすい人は、安静時唾液が不足している可能性があります。

口から入った外気にはさまざまな病原菌や細菌が含まれていますが、それを殺し病気を防いでいるのも

唾液です。唾液が少ないと経口感染による病気にかかりやすくなります。

食事の後に残る汚れをきれいに洗い流す自浄作用も、唾液の持つ重要な仕事の一つで、さらに、糖尿病などの

生活習慣病の遠因となる、歯周病を防ぐ働きもしています。

唾液が少ないと糖尿病のリスクも高くなると考えられます。

唾液の重要性感じて頂けましたでしょうかo(^▽^)o

このように唾液には、心身の健康に欠かせない役割があるが、喫煙や加齢などの要因から、分泌量は減ってしまう問題もあります。

生活習慣の改善やトレーニングによって、唾液の量を回復させることはできます。

例えば食生活。単純にこまめな水の摂取を心がけるだけでも、唾液の量は増します。また、ぬるめの湯(60度)で抽出した緑茶や、

あるいはヨーグルトには唾液にとても必要な成分を増す効果があります。

逆に控えたいのが、揚げ物やインスタント食品です。これらに多く含まれる脂質は、唾液の質を落としてしまいます。

唾液の分泌が良くなるように、日頃から唾液腺のマッサージや口輪筋を鍛えるための、顎の体操も合わせて実践していきましょう!!

 1

 

 当医院はご予約制となっております。

ご予約の際は0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科