SEIEIブログ

2020.07.02更新

こんにちは、助手の猪原ですihi
日常のマスク生活がだんだんしんどくなってきました!

息苦しいし、マスク焼けもきになるし汗涼しいマスク使ってみたんですけど、う〜ん。

気持ち?気持ち涼しいかな?ってぐらいでした。笑

 

今日はマスクと口呼吸のお話。
マスクの下はどうなっていますか?
口呼吸になっていませんか?
マスクで口と鼻が覆われると息苦しくなり、鼻呼吸から口呼吸になりがちですよね?

1
本来、鼻から息を吸い鼻から吐く鼻呼吸が正しい姿です。
唇がカサカサする、口が乾くなど当てはまる方は口呼吸になっている可能性があります。


鼻呼吸は空気をキレイにする働きがあります。
鼻毛はホコリなどを体内に侵入するのを防ぎ、鼻粘膜に生えている微細な線毛と粘液層が、細菌やウイルスなどを捕獲します。
口呼吸だと鼻呼吸で排除されるはずだった異物が喉まで入ってくるため、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。

 

また、鼻呼吸より口呼吸の方が口腔内を乾燥させてしまいます。

口腔内の乾燥が原因で、だ液の分泌が悪くなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

口臭も乾燥が原因ということもあります。


さらに、口呼吸だと歯並びや噛み合わせが悪くなります!

 

口呼吸にはメリットはありません...!

前回のブログでもお伝えしましたが、『鼻呼吸は天然のマスク』です。

マスクしている時も、鼻呼吸気を付けてみて下さい。

 

口呼吸になる原因として、唇を閉じる力が弱い、舌の位置が正しい場所にないことも考えられます。
当院は、口呼吸から鼻呼吸へ誘導する治療を行なっております。
お気軽にご相談下さい。

 

★お盆休みのお知らせ★
8月13日(木)〜17日(月)までお休みです。

 

当医院はご予約制となっております。

ご予約の際は 0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY