SEIEIブログ

2019.12.19更新

こんにちは

歯科衛生士の増田です。
12月になり、院内はクリスマスの飾り付けになりましたstar
いかがですか?

 1


小児用の歯ブラシも12月限定のクリスマス!
美味しいケーキを食べた後にぜひ磨いてくださいねheart2

2


先週『噛まない 噛めない 飲み込めない子が増えている?』という研修会に行ってきましたnico

前回のブログ『お口の育て方』聖栄歯科医院・矯正歯科とエミリアプリスクールの合同勉強会の内容・考え方はほぼ同じでした。

なので続きになりますが、お伝えできなかった事、研修会にいって再確認したことをお話しますね。


お口の育て方は成長・発達のステージごとに対応が変わっていくというものでした。

乳幼児は授乳の姿勢・授乳に対する考え方では
正しい姿勢で授乳することと乳首をしっかり正面からくわえさせることで母乳育児・人工乳育児にかかわらず口輪筋や舌筋などを鍛えることができます。

なので正しい姿勢で、授乳することで口呼吸予防する事ができます。

添い寝授乳は骨格から歯並びに影響をあたえるので最初の2か月は正しい姿勢で授乳してください。

 

3

※図2:正しい授乳姿勢と添い寝授乳
正しい哺乳姿勢の図は「ユニセフ公式サイト」
添い寝授乳の図は「『歯科衛生士』2016年7月号」からの引用になります。


離乳食期は離乳食の性状・考え方・抱っこの仕方や抱っこ紐の使い方。
離乳食は、歯の生え方や口唇や舌の使い方に合わせて進めてください。
赤ちゃんの顎があがって背中と首が反る間違った抱き方では、口呼吸や出っ歯の原因になります。
正しい抱き方は赤ちゃんの頭がお母さんの首から胸元辺りに、赤ちゃんの背中は自然な丸みがあることです。

 5

兵庫県歯科医師会HPより引用

 

4

東京新聞より引用

 

幼児期・学童期では間違った口腔習癖・口呼吸で悪い癖になってしまうことでした。
間違った口腔習癖・口呼吸はチェック項目や検査をして将来おこるであろう問題を予防することです。

医院では口腔機能療法の口腔習癖の改善、お口の体操の指導をしてます。

 

歯科医院では歯が生えてから来院させれるお子様が一般的で乳幼児さんの指導をすることはとても少ないですが
当院は保育施設があり保育士の先生方 栄養士の先生との情報の共有で連携をとってます。

気になることがあれば、ご相談下さい。

 

 検診時には、口腔習癖・口呼吸のチェックもおこなっておりますので是非ご利用下さい。

 


当医院はご予約制となっております。
ご予約の際は0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科

SEARCH

CATEGORY