SEIEIブログ

2019.11.15更新

皆さま、こんにちは歯科衛生の増田です。

芦屋川の紅葉の色も深まってきましたね。

きれいですね。

 a

 

 

今回は、オーラルフレイルのお話をします。

口は『飲む』『噛む』『飲み込む』『味わう』『話す』『表情を作る』など数多くの役割を果たし
美味しい料理を頂いたり家族や友人との会話を楽しむなど健康に生きていくことにくわえて人生を楽しませてくれます。
しかし年齢を重ねるにつれて食事の際にむせたり食べこぼしをすることがあります。
これらの症状を『オーラルフレイル(口腔内の衰え)』と言います。

オーラルフレイルは『噛む』『飲み込む』『話す』などの口腔機能が加齢などにより衰えることが原因となり
食べこぼし・軽いむせ・固いものが噛みにくい・滑舌の悪化・口の中が乾く・などの症状が現れます。

噛む力が衰えて固いものが食べにくくなるとやわらかいものばかり食べるようになり
噛むために必要な筋力がさらに低下しさらに噛む力が衰えるといった悪循環に陥ります。
私たちの体は全ての口から入った食べ物で形成されているので『食力』がなにより大切だと思います。

a

口腔機能が衰えるオーラルフレイル予防は体全体の健康への第一歩じゃないでしょうか?

 

またオーラルフレイルの段階でも適切に対処すれば歯と歯茎の健康を保てます。

まずは歯を失う大きな原因である歯周病や虫歯のケアをする。

そしてよく噛んで食べ、よく話すこと。
そのためにも毎日のセルフケアはもちろん歯科医師による定期的なプロフェッショナルケアで
しっかりオーラルフレイルの予防、毎日おいしく食べられる、お口と歯を目指しましょう。

 

オーラルフレイル2

当医院はご予約制となっております。

ご予約の際は0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科

SEARCH

CATEGORY