SEIEIブログ

2019.09.21更新

皆様こんにちは!!

朝晩は、少~しは涼しく感じますが日中はまだまだ暑いですよね(;^_^A

皆様、体調は崩していないですか?

電車の中では、コンコンと咳があちらこちらから聞こえてきますが・・・

季節の変わり目、体調には十分に注意しましょうo(^▽^)o

 

さて、毎日の日常習慣で、食べたら歯をすぐに磨く、すぐには磨かない、必ず一日3回は磨くなど、

夜は晩酌してしまうので、そのまま寝てしまうなど・・・さまざまで知らないうちの習慣があるかと思います。

間違った習慣を続けていると、歯周病や虫歯の可能性が大変高くなります。

大人ならではの、虫歯リスクに対策をしないといけません!!

年齢を重ねても自分の歯で食事を楽しめる人が増える一方で、虫歯に悩む大人も増え続けています。

中でも多く見られるのが、歯ぐきが下がり露出した、歯の根元部分にできる虫歯、「根面う蝕」です。

 A1・B1

あっ、パンプキン!!間違えました!!違う違う!!Halloweenだから~暫しカボチャでお楽しみください~

で、根面う蝕なんですが、こちらです。

あ

                             (毎日が発見ネット参照)

露出した部分は象牙質で、「酸」への抵抗力が弱いため、虫歯になりやすいという特徴があります。

間食が多く、甘いものを頻繁に摂る、毎日晩酌がかかせないという人は、歯が酸にさらされる時間が長くなり、

虫歯にリスクが増大することになり、大切な歯を虫歯から守るために、日頃の食習慣にも気を配りましょう。 

 

おいしく食べて、キレイ&健やかな歯をキープするためには、

大人の歯を守る5つの食習慣

①バランスの良い食事を心がける!

良質なたんぱく質や歯の石灰化に必要なカルシウムやリン、これらが上手く働くためのビタミン類など、

歯に必要な栄養素をバランス良く摂取できる食生活を楽しみましょう。

②ダラダラ飲みは歯を溶かす!!

長時間に及ぶ晩酌も、虫歯の原因に・・・

ビールやワインなどアルコール類を飲むときは一緒に水を飲むようにすると、酸性に傾いた口内が中和されます。

③酸度が高い飲み物は要注意!!

清涼飲料水やスポーツ飲料は酸性度が高く、歯に大きなダメージを与えてしまうリスクがあります。

柑橘系のジュースや野菜ジュース、お酢が入った健康飲料も歯のためには注意が必要です。

④しっかり噛む事で唾液を増やす!!

唾液には、口内の汚れを洗い流すとともに、歯の再石灰化を促す働きがあります。

唾液をたくさん出すために、食事の際によく噛んで食べることを心がけましょう。

 ⑤間食のタイミングを見直す!!

食事や間食をするたびに、本来中性の口内は酸性に傾き、その時間が長く続くと歯に穴があいて虫歯になってしまいます。

1日に何度もおやつを楽しむ習慣は見直しましょう。

 

この様な、習慣を見直して頂く事によって、ご自身の体や歯を守って頂く1つの予防として、是非取り入れて頂きたいと思います。

当医院はご予約制となっております。

ご予約の際は0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科

SEARCH

CATEGORY