SEIEIブログ

2019.03.06更新

皆さん、こんにちは!!

3月に入り、日中は大分暖かくなってきておりますか、いかがお過ごしでしょうか?

3月は新年度を迎えるにあたり、何かと気忙しくもあり、時折春の色や空気を感じながらワクワクする事もあったりと・・・

それぞれが、何かを感じながら日々を過ごされているのではないかと思いますが~nico

人は寒い時、身体が冷えると気持ちも内向的になると言われています。暖かくなると気持ちも外交的に・・・

だから、春を五感で感じると気持ちが高揚して外に出たくなるのでしょうかo(^▽^)o

短い春を色々な所から感じて冬のストレスを解消してくださいねぇ~

 

ところで皆さんは、頬の内側を何かのタイミングで噛んでしまう!!何てこと、ありませんか?

食事をしていたり、不意に「ガブっ」と痛い思いをした方、多いのではないでしょうか?

噛んでしまう原因はさまざまです。噛み合わせやストレスなど・・・・

疲れていたり、ストレスを抱えていたりすると、話をしたり、食事をしたりする際に口や頬、

舌が正常な状態の時と比べて上手く動かずについ噛んでしまう・・・

ストレス以外にも原因として考えられるのが、以前はあまり噛まなかったのに最近よく噛むようになった方、

歯医者で詰め物や・かぶせ物・歯を抜く・矯正治療などの歯科治療をして噛み合わせが変化がないかどうか、

急な体重の増加、加齢などによる頬のたるみなども原因の可能性として考えられます。

噛んでしまって傷ができた場合は、出来るだけ口内炎と同じくお口の中を清潔な状態にする、うがいが最も有効な方法の一つです。

日頃のストレスも癒さないといけません。

十分な質の良い睡眠をとり、疲れやストレスを解消できるよう心がけ、

良いホルモンの分泌が促進されれば傷を早く治す事も可能となることでしょう!!

ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンA・ビタミンCは意識して摂取するようにしましょう。

身体の抵抗力の手助けとなるでしょうni

お口の中の傷や口内炎は想像以上に長引くことも多いため、定期的な歯科検診、検診月でなくとも「なかなか治りが悪いなぁ~」

と感じられるようであれば歯科医院への、早めの受診をおすすめいたします。

お口の中の症状でのご不安や、ご心配、いつでもご対応させていただきますので、ご連絡お待ちしております。

 

 当院はご予約制となっております。

0797-35-6480までお電話お待ちしております。

 

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科