SEIEIブログ

2019.02.09更新

皆さん、こんにちは!!

毎日の温度の変化に何事もなく皆さんの身体は追いついていますか??

インフルエンザ・風邪・胃腸炎・アレルギーなどなど・・・

インフルエンザ感染者は過去最多だそうです。怖いですね~(;^_^A

日頃から体温を上げ抵抗力をつけましょう~o(^▽^)o

それと、日々の疲れ・ストレスも自分なりの良い解消の仕方を見つけて、(いつもありのままの自分)で過ごすことができれば、心にも身体にも一番の特効薬になりますよね~

そうなりたい!!と望みを持って明日からも頑張りましょうgya

私も(私が一番)頑張らないと、と思っております2019年ですflower

 

さて、皆さんはご自身で鏡を見ていて(あれっ、歯が何だか長くなったような・・)

(歯ぐきが下がってきた気がするけど、年齢のせい?)

と感じられた事はありませんか?

年齢だけが直接の原因ではありません!!!

では、歯ぐきが下がる(歯が長く見える)原因は何なんでしょうか???

*歯周病:進行すると骨が溶けて、歯ぐきも下がってきます。

*歯ぎしりや食いしばり:歯に過度な力がかかると骨が溶けて歯ぐきが下がってくることがあります。

*歯並びが悪い:歯が磨きにくいため歯周病のリスクが高まり、噛み合わせが悪くなり過度の力がかかりやすいので 歯ぐきが下がります。

*オーバーブラッシング:間違った方法や強い力でブラッシングをすると歯ぐきに負担がかかり、歯ぐきが下がります。

 

歯肉のタイプによってもリスクが違います。

歯ぐきが下がった状態を歯肉退縮と言います。

歯ぐきやその下にある骨(歯槽骨)の厚さによって歯肉退縮になるリスクの度合いは違ってきます。

歯ぐきが薄く、骨が薄い人は特に注意が必要です。

あ

 

歯ぐきを守るために日頃から気をつける事!!!

①日頃から歯磨きは力を抜いてやさしく丁寧な清掃を心がける事が大事です。

②睡眠時などの過度の負担・力がかかるのを防ぐために、歯ぎしりや・食いしばりにはナイトガードで対策を!!

自分の歯は、歯ぐきは下がっているのだろうか?骨も薄く、歯肉も薄いのだろうか?と考えてしまいます。

一度下がってしまった歯ぐきを元通りに戻すことは難しいですし、歯ぐきが下がると虫歯リスクが高まり、歯がしみて(知覚過敏)の症状が出やすくなります。歯科での定期検診を必ず受診するようにしましょう。歯ぐきを健康な状態に、今以上下がらないように保つご相談にはいつでもお答えさせて頂く事ができますので、

ご心配な方は是非、芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科での検診をお待ちしております。o(^▽^)o

 

今年もこの季節がやって参りました

あ

今年のチョコレートのパッケージが新しくなりました!!!(中身は同じくキシリトール100%のチョコレート)

*キシリトールはフィンランドで虫歯予防効果が認められた安心できる新・甘味料です。

是非、バレンタインデーのチョコに歯医者さんが作ったチョコレートをおススメしますheart

 

当院はご予約制となっております。

ご予約の際は0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科