SEIEIブログ

2018.02.13更新

皆さん、こんにちは!!

寒い、寒い、寒い・・・いつまで続くのですかねぇ~

今年の冬はとにかく寒く感じるのは、私だけ??

春が非常に恋しく思います~東北、北陸の方々の毎日の雪での不便さと、極寒には比べものにはならないので、

関西にいての嘆きはバチが当たってしまいますね・・・スミマセンehe

 

ところで皆さん、テレビや雑誌等で以前から「腸内フローラ」腸の環境を整える!!

という言葉は良く目にする事、耳にする事があるのでは・・・

それに伴い最近では、こちらも注目されています「口内フローラ」という言葉です。

テレビでも取り上げられており、耳にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

口内フローラとは・・・お口の中の細菌、健康にはとても重要です。

善玉菌と悪玉菌とのバランスがとても大事!!

理想的バランスは、善玉菌9割・悪玉菌1割と言われています。

「悪玉菌が増えても、虫歯や歯周病になるだけ??」

最近の研究から分かってきたのは、悪玉菌、特に歯周病菌が口の中で増殖すると、歯周病菌が血管の中に

入り込んで、あらゆる病気を引き起こす可能性があると言われています。

 糖尿病・心疾患・早期低体重児出産・誤嚥性肺炎・骨粗鬆症・・・全身とのかかわりが研究結果として発表されています。

メカニズムは詳しく分かっていませんが、全身の病気に大きく関与している事が分かってきました

何よりも大切なことは、歯周病を悪化させない事がとても大事な事だと思われます。

正しい歯磨きにより、歯周病菌を減らす事!!

歯と歯の間・歯と歯ぐきの間など、空気が嫌いな性質をもつ歯周病菌(嫌気性菌)が潜伏する場所に、

通常の歯ブラシ以外に、歯間ブラシ&糸ようじを、歯ブラシ使用の後に毎回の歯磨きの

プラスアルファとして、徹底的に歯周病菌を撃退しましょう~!!

毎日のケアと共に、是非、取り入れて頂きたいのが 「緑茶パワー」 です。

緑茶に含まれているカテキンが、歯周病菌のような悪玉菌を抑える働きを持っていると言われています。

カテキンの抗炎症作用による健康効果で、緑茶にはフッ素も含まれているので、歯周病予防のみならず、虫歯予防にも効果大です。

普段から、緑茶をよく飲む・緑茶でうがいするなどを生活の中に、正しい歯磨きと共に取り入れていただき

「口内フローラ」お口の中の環境を整える!!・・・当院の理念にもhttp://www.seiei-dental.com/philosophy/バランスを維持して頂きたいです。

 

ちなみに、歯磨きをしてその後に、家でも外でも緑茶効果を簡単に取り入れていただくのに最適な商品が~

あ

グリコからでている歯科専用ガム 「POs-Ca F」です!!

●正式名は=リン酸化オリゴ糖カルシウム。

●虫歯の原因となる酸を作らない食品素材。

●唾液に溶けやすいカルシウム素材。

●何よりも・・・緑茶エキス配合!!

POs-Ca 成分+緑茶エキスでダブルの効果を、是非お試し下さい!!

 

当医院はご予約制となっております。

ご予約の際は0797-35-6480までご連絡お待ちしております。

 

投稿者: 芦屋川聖栄歯科医院・矯正歯科